借金が残っていても売却できるのか

車を置き換えたい、引越すので車 売却したい場合に気になるのがローンだ。支出が終わっていれば保持は自己なので何も支障ありませんが、支出が残っている場合はどうしたらいいのかわからないほうが多いようです。
結論から言うとローンが残っている場合は販売できません。支出がまとめるまで権威はローン事務所が持っていますので勝手に販売出来ません。また、勘違いされることが多いのですが、売却するお金で支払えばいいと位置付ける方も多いのですが、支出は単独支出が基本です。販売後に足りないパイは分割で継続して支払えばいいと感じる方もいますが、基本的に単独支出以外は認められません。
残債が残っていても売却できる方式は、買い取りする側が残債を単独返済する際のみです。フローとしては、販売の意欲を確認し、債務を持つ事務所に確認した上で車を買い付け側がダウンし、残債を払い、権威を移行することになります。
また、車を売却しても残債が余る場合は買取店先へ査定総計を引いた足りないパイを払うため手続きを通じていただけることもあります。
商店や店先に残債が留まる車 売却を依頼する場合は面倒な方法が少ないのですが、個々取扱いの場合はこの手法が使えないことが多く、先に買取総計を預かって残債を消してから権威転換の手続きをとる必要があり、依存問題になることが多いようです。